カテゴリー: AGA

AGAってなに?

テレビやCMでAGAってよく耳にしますがいったいなんでしょう?
AGAとは、androgenetic alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことを指しています。
AGAとは男性脱毛症という意味になります。

成人男性に良く見られる髪の毛の薄毛に悩む症状をいいます。思春期以降に額の生え際や頭頂部のどちらかから、薄くなっていきます。一般的には遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因で抜け毛の原因から薄毛が目立つようになってきます。AGA患者がなんと全国で1260万人もいます。何らかのケアを行って人は半数です。しかしこのAGAは対処しないとますます進行していますので早めの毛をお勧めします。
AGAは抜け毛や薄毛がゆっくり進行していきます。毛包が十分に成長しないので髪の毛が太く長く育たないうちに抜けます。決して諦め無くて大丈夫です。すぐに専門医療期間に行って適切な処置をおこなってもらいましょう。色々な薬を処方され髪の毛がすぐに生えてきたという嬉しい声も聞こえることがるように早めの治療開始がいい結果に結びつきます。

AGAは男性だけでなく、女性もなる

AGAは男性型脱毛症と訳されているように、男性特有のハゲ症状を指しています。

では、女性はならないかというと、女性も似たようなハゲ症状が出ることがあり、それはFemale AGAと呼ばれています。

これは文字通り訳せば、女性男性型脱毛症となります。 一体、女性なのか、男性なのか、よくわからない名称になっています。

ですが、症状で言えば、男性と女性では違いがあります。 それは額から上部に向かってが禿げあがるAGAに対して、Female AGAは頭髪全体が薄くなるという傾向があります。
そういう意味では、Female AGAのほうがハゲが目立ちにくいと言えますが、女性にとって髪は命とも言える大切な部分です。 その精神的な深刻度は男性の何倍にもなると思います。

ただ女性の場合、ウィッグをかぶると言うのが社会的に認められている傾向があります。 男性のかつらのように、周りがひそひそというようなことはありません。
ですから、被り物という点では女性のほうが恵まれていると言えそうです。