AGAは男性だけでなく、女性もなる

AGAは男性型脱毛症と訳されているように、男性特有のハゲ症状を指しています。

では、女性はならないかというと、女性も似たようなハゲ症状が出ることがあり、それはFemale AGAと呼ばれています。

これは文字通り訳せば、女性男性型脱毛症となります。 一体、女性なのか、男性なのか、よくわからない名称になっています。

ですが、症状で言えば、男性と女性では違いがあります。 それは額から上部に向かってが禿げあがるAGAに対して、Female AGAは頭髪全体が薄くなるという傾向があります。
そういう意味では、Female AGAのほうがハゲが目立ちにくいと言えますが、女性にとって髪は命とも言える大切な部分です。 その精神的な深刻度は男性の何倍にもなると思います。

ただ女性の場合、ウィッグをかぶると言うのが社会的に認められている傾向があります。 男性のかつらのように、周りがひそひそというようなことはありません。
ですから、被り物という点では女性のほうが恵まれていると言えそうです。

Next